助産師になりたい人は増加中

看護師の中には、
助産師になりたいと考えている人もいますよね。

 

助産師は、妊婦さんに対しての保健指導や分娩介助、
それに育児相談に乗ったり新生児ケアを行ったり
といった仕事がメインになります。

 

勤務先は病院や診療所だけではなく、
保健所や助産院の開業をするなど、
多岐にわたるという特徴があります。

 

 

助産師になるためには助産師養成学校に通い、
国家試験に合格することが必須になります。

 

助産師試験を受けるためには、
看護師資格取得後に1年間の助産師養成課程に通う必要があるため、
狭き門でもあるんです。

 

助産師に限って言えば、
女性しかなることが出来ない職業なんですよね。

 

 

 

少子化によって、助産師の仕事は減っているのでは?

 

と感じている人もいるかもしれませんが、
実は助産師の仕事に就く人の数は増加傾向で、
さらに若い世代に助産師の仕事を希望する人が増えているという特徴があります。

 

 

これは、正常分娩であれば取り扱いが出来る助産師を増やすことで、
産婦人科医の負担を減らそうという動きもありますし、
自宅での出産を希望する、
アットホームな出産を希望するといった妊婦さんが増えてきていることも関係しています。

 

助産師は独立開業権を持つ職業でもあり、
国家試験の合格率も90%以上と高いため、
養成学校へ入ることが出来れば、助産師の道に近づくことが可能なんですよ。

 

 

 

 

 

■助産師になるための3つの道とは

 

 

助産師になるためには、
まず助産師の免許を取得する必要がありますよね。

 

この助産師免許を取得するためには、
受験資格を得なければなりません。

 

受験資格を得るためには、3つの方法があります。

 

 

一つは助産専攻過程がある大学に入学することです。
実はこの助産専攻がある学校は少なく、
入学できる人数はとても少数になっています。

 

この助産専攻を取ると、
卒業時には看護師・保健師・助産師という
3つの国家資格の受験資格を得ることが出来ますが、
同時にこの3つの受験を控えるということになります。

 

次に、看護学校卒業後に助産専攻の大学に編入する。
という方法があります。

 

この方法はかなり枠が少ないので、編入は難しくなります。3
年次に編入することになりますよ。

 

 

 

看護師免許を取得後に、
専門学校に通うという方法もあります。

 

看護師免許取得後に受験することも可能ですし、
看護師学校に通いながら受験を目指すことも可能です。

 


この場合には、看護師免許の国家試験に加えて
専門学校の受験に備えることにあります。
実際に助産師養成課程のある学校に入学することはかなりの難関です。

 

ただ、入学することが出来て卒業することが出来れば、
90%台の合格率であることを考えると、
助産師にはなれると考えられますよね。

 

 

助産師は医師などがいない、
薬剤なども使用しないで助産行為を行う助産院を開院することが出来る国家資格ということもあり、
難易度が高いといのはある意味当然かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

■助産師の求人で見ておきたいこと

 

 

少子高齢化と言われているほど、
今子どもの出生率は下がっています。

 

ですが、一方でお産難民と呼ばれる妊婦さんがいるほど、
実は分娩を取り扱う施設は少なくなっています。

 

産婦人科医の減少などがその一因ですよね。

 

 

分娩施設が減っているなら、助産師も少なくなっていくのでは?
と思うかもしれませんが、
病院や診療所などでは頻繁に助産師の求人を行っています。

 

実は、正常分娩は助産師が単独で助産行為を行えるため、
正常分娩は助産師が、
その他のリスクを持つ分娩は産婦人科医がというように、
住み分けをしているケースもあるんですよね。

 

 

また、最近では医療に頼らない分娩を希望する人も増え、
助産院の数というのも増えてきています。

 

それぞれで働く条件、
勤務内容が異なります。

 

 

 

助産師の求人は、基本的には夜勤があるものが多くなります。

 

一部では、日勤のみ、夜勤のみといった
勤務スタイルの病院や診療所もあるようですが、
夜勤があるという施設で勤務する時には、いくつかの点で注意は必要ですよね。

 

 

たとえば小さな子どもがいるという場合には、
分娩施設に託児所があるかどうかは問題になってきます。

 

分娩介助が始まれば、
時間なので帰りますということが難しくなります。

 

助産施設に託児所があれば、
分娩が長引き、仕事が長引いても
安心して託児所に預けることが出来ますよね。

 

このような点もしっかりと考えて求人を選ぶことが必要です。

 

 

 

 

■助産師は精神力も体力も必要

 

 

出産の現場に立ち会い、
生命の誕生の瞬間に立ち会うことが出来る助産師の仕事とうのは、
一見喜びだけであふれる職場と思いがちです。

 

ですが、実際にはその場が
とてもつらい瞬間であるという可能性もあるんです。

 

子どもが好き、
命の誕生に立ち会いたいという気持ちだけでは、
実は助産師の仕事はとても難しいんですよね。

 

 

また、助産師の仕事は看護師免許だけでは就くことが出来ません。
看護師免許を持ち、
さらに助産師免許も必要です。

 

助産師として一人前になるには、
看護師として一人前になる以上に
多くの臨床経験を経る必要がありますよ。

 

助産師は、精神力などの面でも強い必要があり、
誠実な対応が出来ることなどが重要になってきます。

 

 

 

出産の現場というのは、
想像以上に体力を使うものです。

 

これは出産をする妊婦さん、
生まれてくる新生児だけではなく、
そのお産を介助する助産師もまた、非常に体力を消耗するものなんです。

 

お産はその人によってどのくらい続くかもわかりません。
短い人もいれば、2日くらいかかるという人も実はいます。

 

助産師はその妊婦さんに寄り添い、
妊婦さん毎に違うお産を介助することになるんです。

 

妊婦さんが抱える精神的な不安、
そして体力的な問題などを支えていくことが必要です。